Chiharu is blooming.

I usually grow edible plants. Named this miniature rose, in apricot pink, as Chiharu. Chiharu/智陽 is name of my old friend who studied at the same art school in Tokyo and a great base player at the band, KureKure that we are in. We have not seen after art school time, reunited in FB long after, and I learned he was fighting over cancer. He passed away recently. I have learned that he was enjoying taking care of roses, in variety of colors of many kinds in his yard. I loved photos of Chiharu that he was wearing pink pajama, shirts or pants. I wanted to grow rose in my out of window farm and to name it Chiharu.  

Who knows me long and well surprised as I grow inedible plant. I wanted to spend good amount of time to find a nice pink color I like and remind of him from it. It is so wired and funny but  I did not know I would be diagnosed as cancer then.  

IMAGE.JPG

智陽/ちはるが咲いた。窓際有機農業始めて20年以上、食用ばかり育てて来た。私を良く知る友人は、花、それも薔薇?って、私らしくない植物に驚いた。私だってそう思うからね。東京の美大時代、一緒のバンド「クレクレ」で4年間ベースを弾いてた智陽。最近fbで再会した時は、もう体調悪そうで、ピンクのパジャマで病室でギター弾いてた。ピンクのシャツ着て、ピンクのパンツでライブ出たり。ピンクの智陽似合ってて良いなと思った。こないだ癌で死んでしまったけど。その後智陽が庭で色んな種類の薔薇を大切に育ててた事が分かり、私も薔薇を育ててみようかなと思ったんだ。智陽って名前をつけてね。あ、直ぐ枯らしちゃうかも。。。とは思ったけど、ま、それはそれで良い。と、お気楽に。仕事でNYC中出掛ける中、花屋見かける度にミニチュアローズ探して、でもまだシーズン早過ぎで。なかなか気に入る私の智陽色が見つからず。ハーレム125街で店頭横で発見。$15。悪くない! この時、私は自分が肺癌と診断されるとは思っていなかった。あはは。 リスが敵だけど、取り敢えず再開花。嬉しい。気張らず、お気楽に智陽を育てていくよ。

Thank you, Siobhan.

The school year ended. I had nearly $2000 of receipts to be reimbursed by the organization I work for.  I was hoping to save time and energy to go to the post office and stand a long line addition to the postage fee.  

I e-mailed Siobhan who works at the office of the organization and resides my neighborhood. Will you be able to bring my envelope of receipts to the office if I drop it off to your place?  She responded immediately as “I always go for a morning run on Saturdays so I could swing by.”  Thanks a lot, Siobhan!

FullSizeRender.jpg

 今年の3学期がは大波乱だった。5月の急な1週間の入院中は、蓄積してた疲労回復には役に立ったけど、退院後3週間経つ迄、癌である事は否定されてた訳で。「畜生ヤブ肺専門医!お前なんか医者じゃねー 」 3学期の仕事をどうにか完了し、立て替えた材料費のレシートは$2000近く。やっと腰上げまとめて請求書をe-mail. 後は大きな封筒一杯の現物レシートをブルックリンのオフィス迄どう送るか。暑い中、郵便局まで歩いて、長いラインに並ばされて、郵送料金払うのも避けたく。

近所に住むショバンに「ホリデー直前だけど、週末明けオフィス行く?貴方のアパート迄レシート持って行ったら、オフィス迄持って行ってくれる?」と聞くと「土曜朝は、近所走ってるから、ヒロミの家迄取りに行くよ〜」と言う快い返事。ピンクのタンクにミラーエフェクトのサングラスで格好良く来てくれた。「ジムのメンバーシップ買うより走った方が安いからね〜:)」だって。有難う!